INFORMATION

> お知らせ > Hiker’s T-shirt、完売!

Hiker’s T-shirt、完売!

 


 

atelierBluebottle × [sn]の人気コラボTシャツ、Hiker’s T-shirt完売!

 
先日、本WEBサイトにてご紹介させていただきました

atelierBluebottle × [sn]の人気コラボTシャツ、Hiker’s T-shirtですが、

その【開発秘話】にご共感いただいた皆様に大変ご好評いただき、

おかげさまで完売となりました。社員一同心より御礼申し上げます。
 
 
atelierBluebottle様に綴っていただきましたその感動ストーリーを、

あらためて、ご紹介させていただきます。
 


 
“ 清水の舞台から飛び降りる

 もとい雪庇を踏み抜く覚悟で

 昨年販売したHiker’s Tshirt

 売れるかどうかとても不安な中販売し

 ありがたいことに完売

 残ったら一生分のTシャツにする覚悟でしたので

 これは作っておきながら驚きました ”
 
 
このような書き出しで、Hiker’s T-shirtの開発秘話は綴られています。
 
(引用:atelierBluebottle様のブログ)
 


 

~ Hiker’s T-shirtに対するatelierBluebottle様の並々ならぬ熱い想い ~

(以下、atelierBluebottle様のブログの引用となります。)
 
 
ハイカーズTシャツ 今年も作りました。
 

 
もともと僕が愛用していたスイスのブランド

sn-supernatural
 
 
それがあまりにも良かったので

僕らのフィルターを通しハイキング向けに作ったら

きっと良いものができるはず!
 
 
そう思い SN JAPANにお願いし

素材以外の全てを完全別注で作ったアイテムです
 
 
開発の経緯や詳しい内容は過去のブログをご覧ください
 
 
①開発経緯編

②商品説明
 
 
改めて見返すと本気度がすごい
 
 
自分で言うのも如何なものですが

それだけ思いを込めて作ったと言うことです
 
 
売れ残ったら倒産の危機
 
 
それをわかってもらいたく

長々と書き綴ってしまいました
 
 
ありふれたボディにープリントして

わらしべ長者的?エビで鯛を釣る?
 
 
リスクもなく

簡単な方法で利益を上げるのではなく

僕が良いと感じたものをみなさんに

共有してもらいたかった
 
 
覚悟なくして良いものが作れるはずはないのです
 
 
まぁザック屋さんがそこまでして

Tシャツを作る意味があるのか、、
 
 
発注の際は胃が痛くなったのはここだけの話し

昨年のオフザグリッドで販売した際は

商品説明をしようとしたら
 
 
「ブログ読んだので大丈夫です」
 
 
そう何人もの方から言われた時は

驚きました
 
 
そして何より

嬉しかったのを覚えています。
 
 
昨年売れたのだから今年も作る

資本主義、消費社会、売り上げ至上主義

当然の考えですよね?
 
 
そんなものクソくらえ!
 
 
下品ですみませんが

本当に作るつもりはありませんでした。
 
 
理由は毛玉
 
 
僕はあまり気にしてなかったのですが

何人かの友人やお客さんから

気に入って毎日のように着てたら

毛玉が出来ちゃった、、
 
 
そう言われた時に

初めて自分でもその問題に気づいたのです。
 
 
素材の性能は確かに申し分ない

だからと言って毛玉を許せるのか

その問題をクリアしないまま

同じものを販売して良いのか?
 
 
改めてウール系の素材を調べ

着比べたところ

ナイロン比率が高いものは毛玉が

出来にくいことに気がつきました
 
 
そのことをSN側に相談したところ

新しい素材として

昨年までの

ウール50% ポリエステル50%

ではなく

ウール50% ナイロン50%

の新素材を提案してもらえたのです。
 
 
早速毎日着ては洗濯

着ては洗濯を2ヶ月繰り返しました
 
 
(最終的にほぼ5ヶ月)
 
 
結果毛玉ゼロ

僕の個人的テストだけではなく

第三者機関によるピリングテスト(摩擦)の
 
 
結果3,5級
 
 
これは大手量販店の基準をクリアできる数値です。

これで毛玉問題はクリアできました。
 
 
そして想定外だったのは着心地の柔らかさ

ポリからナイロンに変わることで

繊維が柔らかくなり着心地が

とてもソフトでしなやかになりました。
 
 
山での使用とは関係ないですが

夜寝る時にとても気持ち良かったのです。
 
 
その気持ち良さはコットンや他の化繊には

絶対真似できない

もちろんウール100%でも
 
 
着心地がよく

汗が臭わない

夏は涼しく

冬は暖か

乾きも早い
 
 
もはや魔法のTシャツと言っても

オーバーじゃないと思います
 
 
一つ欠点があるとすれば

毛玉はクリアできたのですが

その代わりに素材の特性上

洗濯することで生地に多少の歪みが生じます
 
 
干す際は形を整えてから干すことで軽減されますが

きになる方はアイロンをご使用ください。
 
 
素材の厚みは前回の140gから135gに変更

保温性や速乾力などは変わらない感じがします。

もちろん消臭性能も

素材だけではなくデザイン面でも少し修正を加えました。
 
 
着たけを昨年より2.5cm長く

襟ぐりを若干細くし、リブから共生地に変更

以上2点ですが微修正を加えました
 
 


 

~ Hiker’s T-shirt ①開発経緯 ~

 
 

 
 
この春でatelierBluebotleは5年目を迎えます。
 
 
僕らには目標なんてたいそれたものなどなく

大きくも小さくもならず

現状維持。
 
 
常に今が最高

そう言える様にしていたい。
 
 
変わらない為に変わる。

そんなところでしょうか。
 
 
そんな事から毎年何かしらの

アイテムをリリースしてきました。
 
 
毎年一つなんて

会社やブランドとしてはありえない少なさですね。
 
 
でも僕らにはこれ位のペースが丁度よいのです。
 
 
そして今春発売することになったのが

Hiker’s T-shirt

まずは開発の経緯から。
 
 
僕は山で着るTシャツに毎年悩んできました。
 
 
①化繊Tシャツ

機能性に特化した化繊。

消臭や速乾性に特化した機能性Tシャツ
 
 
何も考えなければ

これが一番良いのかもしれません。
 
 
問題点が有るならば

デザインがスポーティー過ぎる。
 
 
なんと言うか大げさ。

街で着るにはちょつと、、

まあ山用ですからね。
 
 
②天然繊維

着心地は間違いなくコットンが一番。

ただ臭いはどうしても防げない。

それに乾きも遅い。

麻のTシャツで登ったこともあるけれど

寒さがちょっと。
 
 
③ウール

これも天然繊維ですね。

最近大手でもウールTを良く見かけますね。

僕も愛用していた時期があります。

ウールのメリットととして。

消臭抗菌

保温性

濡れても冷えないetc
 
 
確かにウールは全くと言って良いほど

臭いが気にならない。

汗をかいても冷えない。
 
 
もちろんメリットもあればデメリットもある。
 
 
1. 乾きにくい

いつまでたっても背中が濡れている。

冷たくはないけどもなんとなく

濡れたままのTシャツを着ているは気持ち悪い。
 
 
2. 暑い

山などある程度涼しい場所では何も問題ないのですが

街で着ようとすると暑い。

都会の猛暑34℃では

さすがに暑くて耐えられません。
 
 
そして
 
 
3. チクチクする!
 
 
僕はコレが一番気になる。
 
 
「メリノウールだから!」
 
 
良く言いますね。
 
 
「最高品質なんですよ!」
 
 
これも聞きますね!
 
 
今やメリノウールなんて

ファストファッションでも使ってますよ。

つまりウールはどんなに品質が良くても

チクチクが避けられないのです。
 
 
(カシミヤであればチクチクしないですけど)
 
 
初めは僕が神経質?

そんな風に思っていましたが

僕の周りのハイカーでも同じ意見の方が

意外と多かったです。
 
 
そしてウールTシャツは海外ブランドが多く

デザインやサイズ感も欧米的。
 
 
どうにかスポーティーになりすぎず

尚且つ着心地の良いウールTはないものかと

探して辿り着いたのが

sn super naturalだったのです。
 
 
スイスのブランドで

もともとはヨガなどのスポーツウエアがメイン。
 
 
独自開発の生地は

ウール50%ポリエステル50%のハイテク素材。
 
 
ヨガで使えて山で使えない理由はない!

早速購入し山で使ってみたところ

その快適な着心地に驚かされました。
 
 
汗をかいてもサラッとし、

汗冷えも少なく臭いもしない。
 
 
そして全くチクチクしない!

試しに4日間着てみましたが全く臭いませんでした。
 
 
メーカーの方は一週間着たそうです!
 
 
もちろん問題なし。

梅雨の生乾きだって!
 
 

 
 

 
 

 
 
素材の詳しい説明

そちらに詳しく書いてあるので割愛させてもらいますが
 
 
化繊とウールを混紡することで

ウールの特性でもある

消臭+保温性+吸湿性

それに化繊の着心地や速乾性が加わり

双方のメリット生かされた素材になったのです。
 
 
当初はウールと化繊のハイブリット生地を

開発したオリジナルTシャツを作ろうとしました。
 
 
ですが

いろいろ調べても生地が手に入らない。

こうなったらダメ元でsuper naturalに

問い合わせてみることにしたのです。
 
 
一から作る事に拘りすぎて肝心なことを

見逃していたのです。
 
 
無理やり新しく作る必要などなく

すでに開発された素晴らしい生地を使い

僕らの視点で山用のTシャツを作れば良い!
 
 
すでに6枚も購入し

街着でも山でも常に愛用するほど

このブランドを気に入ってしまっていたのです。
 
 
2015〜2016夏山着用率100%

どうにかこの良さを皆んなに味わってもらいたい!
 
 
ジャパン社に恐る恐る問い合わせてみたところ

コラボOKの返事!
 
 
まさかこんな小さなブランドとコラボして頂けるなんて!

その理由は会社にお邪魔してみてわかりました。
 
 
グループ会社にTeton Bros.など多くの

アウトドアブランド抱える企業だったのです。
 
 
とは言え何処の馬の骨とも分からない

我々を快く迎えてくれたからこそ

今回のHiker’s T-Shirtが実現できたのです。
 
 
商品説明に続く。
 
 

 

~ Hiker’s T-shirt  ②商品説明(コンセプト) ~

 
 

 
 
その①では開発までの経緯をお話しさせて頂きました。

ここからは具体的な商品説明をさせてもらいます。
 
 
僕らのものづくりの根源は

「自分たちが欲しいものを造る」

それだけです。
 
 
今回も山を歩くのにベストなTシャツが欲しい

そんな欲求から製品化に向けた

動きがスタートしました。
 
 
単にsupernaturalとコラボして

プリントする事も可能でした。
 
 
それだけでも十分だったかも知れない。

それであればロットも少なく済む。
 
 
でもそれで良いのか?
 
 
僕らはアウトドアブランドをやっている。

であるならば山に特化したアイテムを

造らなければ意味がない。
 
 
単純にロゴなどプリントをして売るのではなく

僕らが販売するからには他にはない

造る理由がなければ意味がない。
 
 
数と言うリスクは高いけれども

購入してくれた方が

買って良かったと思える商品を作りたい。
 
 
その思いで生産に踏み切りました。
 
 
そして重要なのが今回は

中国製になります。
 
 
これまで日本製にこだわり続けてきました。

しかし現在の日本では新しいものづくりが

本当に難しい。
 
 
その理由から

バックパックは自分達で造る事を決めました。
 
 
靴下も日本製。
 
 
ですが今回ばかりはどうすることも出来ませんでした

素材を日本で調達することが出来ない。

仮に調達することが出来たとしても

ここまで細部まで造り込めたのか?
 
 
正しいものづくりが出来るのであれば

生産地がどこであろうと関係ない

それにsupernaturalは自社工場と言う事が大きかったです。
 
 
これはものづくりにおいてはとても重要なこと。
 
 
supernaturalは素材も工場も全てが

自社オリジナル。

だからこそ生産をお願いすることが出来ました。

胸を張って中国製と言わせてもらいます!
 
 
ではここからはHiker’s T-shirtの詳細
 
 
まずは生地の厚み。

経緯でも触れましたが

super naturalでは独自開発の

ウール50%ポリエステル50%の

ハイブリッド素材を使用しています。
 
 
今回はADVANCED JERSEY140と言う薄めの生地を使用。
 
 
通常のメリノウールTでは170が多いです。

初めは薄くて耐久性が心配でしたが

山で使用しても全く問題ないですし

170に比べ軽くストレスが少なく感じました。
 
 
ただ長期の使用も考えザック負荷が掛かる

肩の部分には170を使用しています。
 
 

 
 
切り替えより上部が厚みのある170
 
 
フラットシームスにすることで

肌とのスレによるストレスを軽減
 

 
ポロシャツの様に後ろ身頃を長くすることで

ザックを背負い前かがみになっても

背中が出にく様に。
 
 

 
それもありますがデザインで遊びを付けてます。
 
 
アウトドア製品は機能を優先したデザインが基本だし

それが魅力でもあるのですが

多少のデザインがあっても良いのでは?
 
 
そう思い丸みの付いたカットにしました。
 
 
その他

・やや広めのネック

・細くも広くもないゆとりのある身幅

・女性サイズでもウエストはシェイプさせない

・女性サイズでもピンクなどではないユニセックスカラー

 などなど。
 
 
特に女性向けアウトドアブランドでは

ウエスト、バストを意識したデザインになってしまい

色もピンクやグリーン。
 
 
その色はちょっと、、

なんでメンズのカラーがないの!?

と思っていた方も多いはず。
 
 
なのでサイズカラーもユニセックスにしました!
 
 

 
左肩には[SN]タグと三角プリント
 

 
 

 
首のストライプテープは伸び止め。
 
 
カラー

・blue melange

・gray melange

・navy melange

 この3色。
 
 
全てメランジ(霜降り)にすることで

汗や毛玉を目立ちにくくしています。
 
  
サイズ

M(日本Lサイズ)

S(日本Mサイズ)

XS(女性フリーサイズ)
 
 
blue melange


 
 
gray melange


 
 
navy melange


 
 
 

 
 
ここまで長い説明になってしまいましたが。
 
 
atelierBluebottle初のアパレル

Hiker’s T-shirt

ぜひ袖を通してみてください。
 
 
価格

¥6,850(税込)
 
 
カラー

・blue melange

・gray melange

・navy melange
 
 
サイズ

M(日本Lサイズ)

S(日本Mサイズ)

XS(女性フリーサイズ)
 
 
品質

ウール50%

ポリエステル50%
 
 
生産国

中国製
 
 
[お手入れ方法]

洗濯機での洗濯で問題ありませんが

ウールマーク洗剤をお勧めします。

洗濯ネットには必ず入れて下さい。

100%ウールに比べお手入れもし易いのも

この素材のメリットだと思います。
  
 
完売した【Hiker’s T-shirt】、再販決定しました!

atelierBluebottle


2018.6.19 カテゴリー:お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加