INFORMATION

> お知らせ > 現役ヨガインストラクターがお伝えするヨガに適した服装選びの方法3つ

現役ヨガインストラクターがお伝えするヨガに適した服装選びの方法3つ

 

ヨガ 服装

ヨガの服装と聞くと皆さんどのような服装を思い浮かべますか?

ヨガインストラクターである私がよく耳にするのは

「ピッタリとしたヨガウェアはスタイルがいい人が着るものでしょ。恥ずかしくて着られない。」

「そもそもヨガに合いそうな服装は持っていない。」

「一体何を着たらいいのか分からない。」

というものです。

今回は現役ヨガインストラクターである私が意識しているヨガの服装選びについて書いていきます。

 

▷そもそもヨガにはどのような服装が適しているのか

これからヨガを始める方、既にヨガを始めていて服装選びに入ろうとしている方にとって「ヨガにはどんな服装が適しているの?」というのは気になるところかもしれません。

 

私がヨガを行う際に重視して欲しいポイントは2点あります。

・動きやすい服装であるか

・ヨガのスタイルに服装が適しているか(機能性)

です。

それではまずこちらの2点について詳しく見ていきたいと思います。

 

ヨガに適した服装その1:動きの制限がなく動きやすい

ヨガは日常で行う動きとは異なり、普段あまり使わない身体の部位を使うことが多々あります。また腕や足など様々な部位を動かすため、伸縮性がないものや動きを制限する服装は、身体へ余分な負荷がかかってしまうこともありあまりおすすめはできません。

 

例えばヨガのクラスのはじめや最後には、あぐらや蓮華座の姿勢をとります。蓮華座とは仏像の台座の一種です。

その為、股関節周りの動きを制限せず楽で快適に座れる服装がベストです。

またダウンドック(下向きの犬のポーズ)や四つん這いになることも多いため、極度に服装がめくれてしまうものは意識が散漫する原因にもなります。

 

ヨガを行う人にとって動きやすさは最重要!

おしゃれをしたいのは重々承知ですが、やはり動きを制限しない服装がヨガには適しています。

ぜひ一度試着をして、動きの確認をとってみてくださいね。

また生地感もできるだけ軽いものを選ぶほうが、身体への負荷が少なくおすすめです。

ヨガ 服装

 

ヨガに適した服装その2:機能性

ヨガのスタイルに合わせて、選ぶ服装の機能も変わってきます。

例えばホットヨガを行う際には、吸汗速乾素材のヨガウェアがおすすめです。

 

私自身に実際に起こったことですが、機能性を意識せずホットヨガを行った際、熱中症になりかけたことがありました。

これは洋服に通気性がなく、カラダと洋服の間に熱がこもったことが原因です。

その時から服装選びの重要性を強く実感しています。

 

また、行うヨガのスタイルや強度によって求める機能性も様々です。

動きがゆったりとしたヨガクラスでは、しばしば肌寒さを感じることもあるでしょう。

服装選びは時と場合によって自分の健康を害する可能性もあります。

 

多くのヨガウェアが出回っている現在では、デザインだけでなく機能も選べるようになりました。

だからこそ自分にとって適したヨガの服装選びのひとつに、機能性も欠かさずチェックしてもらいたい。と自分の体験を通じて感じています。

ヨガ 服装

ここまで読んで頂いて、なんとなくヨガの服装選びのイメージが付いてきたでしょうか?

最後にヨガインストラクターである私が、もう一つ重視している点をご紹介します。

 

〜ヨガに適した服装その3〜【自分にも人にも優しい存在か】

これは個人的な解釈ですが、ヨガを行っていくうちに身につけるヨガの服装が自分にも人にも優しい存在であるか。について意識される方が多いように感じています。また、そのようなコンセプトで商品を展開しているブランドさんが増えてきているのも事実です。

 

例えば身につける服装が肌に触れていて心地がいいものか。であったり、そのヨガウェアを着ることで自分だけでなく周りにも何かしらの貢献をしているか。ということです。

 

先程も書きましたがヨガが多くの方に認知をされ、様々なヨガウェアが市場に出回るようになりました。

それに伴い値段も品質もピンきりで、おしゃれなデザインの商品が多く存在しています。

誰もが簡単に選択ができる時代になったからこそ、この目線を大切にしてみる方がいらっしゃるかもしれません。

 

ヨガの考え方のひとつにAhimsa(アヒムサ)というものが存在をしています。

Ahimsa(アヒムサ)とは【自分自身をそして周りを傷つけない】というものです。

せっかくヨガを行うのであれば、服装選びにもちょっとしたヨガの考え方を取り入れてみる。

というのもいいかもしれませんよね。

 

そして自分自身が身につけている服装が環境保全や、募金、人と人との繋がりに貢献できるものであると着ている自分自身も心地がいいものです。人にも自分にも優しく。そして自分自身の心の平和のためにも、ヨガを行うものとして普段からちょっとしたヨガの目線を忘れないようにしていきたい。と私自身も思っています。

ヨガ 服装

 

まとめ

ここまで私なりにヨガの服装選びについてまとめてみました。

以前はおしゃれ!という理由だけで飛びついていたヨガウェアも、気がつけば自分なりにこだわったものが増えていく日々です。

 

みなさんもぜひ自分なりのこだわりを持ってヨガの服装選びを楽しんでみてくださいね。

この記事がこれからヨガの服装を選ばれる方の何かしらの参考になれば幸いです。

それでは引き続き楽しいヨガライフを!

岩田理佐 ヨガインストラクター
Instagram:yogini_risa

2019.10.3 カテゴリー:お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加