初心者がヨガの服装で気をつけるべき点とは!

 

 

ヨガ 服装

 

ヨガを始めようとした時に一番気になるのが、ヨガをする時の服装ではないでしょうか?

実際にヨガスタジオに問い合わせても「ヨガウェアもしくは動きやすい服装で来てください」と言われることがほとんどです。ヨガの服装はこうでなければいけないという決まりはありませんが、もし購入するのであれば気を付けて欲しいポイントがあります。

ここではこれからヨガを始める初心者の方がどんな点に注意して服装を選べば良いのかをお伝えしていきます。

 

ヨガをする時の服装で気をつけるべき点とは?

 

 

「動きやすいか?」

 

 

まずヨガの服装を選ぶ際に気をつけておきたいことは、「動きやすいか?」という点です。

ヨガでは普段使う身体の動きとは全く違う動き方をすることが多いです。そのために腕や脚だけでなく股関節など普段あまり動かさない大きな関節を動かします。

その際に動きが制限された服装や、伸縮性が無い服装であれば余分な負荷が身体にかかってしまいます。

 

例えばヨガクラスの最初と最後によくとる蓮華座やあぐらのポーズなどは、ひざ周りに伸縮性がない服装だとつっぱり感が出てしまいます。反対にデザイン的に股関節周りに生地がたまったりする服装でも動きが制限されてしまいます。

 

また、ヨガでは「逆立ち」や「肩立ちのポーズ」など逆転系のポーズやダウンドッグ(下向きの犬のポーズ)や四つん這いになることが多いので、服装によっては足やお腹が見えるほどすそがめくれることや顔に服がかかることがあります。

そのような服装は注意が散漫になり、怪我の原因になりますのでおすすめ出来ません。

つまり、ヨガをする際はひざや股関節など関節周りが動きやすい素材やデザインで、かつポーズの邪魔にならない大きさの服装を選ぶことが必要となります。

 

もちろんヨガの服装を選ぶ際には色や形などおしゃれも大事なポイントではありますが、まずはヨガを気持ちよくストレスなく出来る服装を選ぶことが大切です。

ウェアなどの購入時は必ず一度試着して、動きや大きさの確認をしてみてください。

 

 

「機能性」

 

次に気を付けておきたいことは「機能性」です。

しかし、この場合はあなたがどの種類のヨガを行うかで求める機能性が変わってきます。

 

そもそもヨガには大きく分けて2種類のヨガがあります。それはダイエット目的で行われる身体を激しく動かすパワー系ヨガと、リラックスを目的にしたハタヨガ、インヨガ、リストラティブヨガなどのリラックス系ヨガです。

どちらの系統のヨガを選ぶかによって服装に求める機能性が少し違ってきます。

 

動きの多いパワー系ヨガの場合は大量に汗をかくことが多いので、吸湿速乾の素材がおすすめです。

ただし厚手の素材の場合は汗を吸って重くなることがあるので要注意。

さらにもうひとつ気をつけたい点は通気性です。通気性のない服装の場合は身体と服の間に熱がこもるので熱中症に危険性があります。

そのため通気性の良い素材でパワー系ヨガをすることをおすすめします。

 

逆にリラックス系のヨガの場合はポージングが長く動きが少ないため、パワー系ヨガの服装で行うと少し肌寒く感じてしまいます。

身体を冷やさないようにするために自分の服装で温度調節をしなければなりません。

その際は少し寒ければ上にパーカー、暑ければ緩めのTシャツを羽織ったりします。脚にはレッグウォーマーを活用すると便利です。

またリラックス系ヨガでは締め付けの少ない身体にあまりぴったりしていない緩めの服装を選ぶと心地良くヨガが出来ます。

 

ただし、ゆったりしたリラックス系のヨガでもホットヨガの場合はパワー系ヨガのように大量の汗をかきますので、吸湿速乾で通気性の良い服装をするようにしましょう。

 

「色や素材、サイズ」

 

次に色や素材、サイズについてお伝えしていきます。

 

まず色と素材ですが、ヨガのレッスンでは着てはいけない色や素材はありません。

ただし、気をつけたいのは汗染みです。コットン系の素材やグレー系の色は汗染みが目立ちやすいので、気にされる方は控えるのが無難です。

サイズは、基本はジャストサイズがおすすめです。日常とは違う動きをするので最適なサイズを選ばなければ、転倒のリスクや姿勢によってはお腹やすそに意識が向いてヨガに集中出来ないことがあります。

ただし上でお伝えしたようにどのヨガをするかによってぴったりめのサイズが良いのか、それともゆったりめのサイズが良いのか変わってきますので、自分がやりたいヨガの種類をしっかりと調べてからサイズを選びましょう。

ヨガ 服装

 

最後に

 

ここまで初心者の方が注意すべきヨガの服装についてお伝えしました。

もし初心者の方が気軽に始めるのであれば、今お持ちのTシャツや伸縮性に富んだパンツでも十分ではないかと思います。ヨガスタジオによってはウェアをレンタルしてくれるところも増えています。

きっとヨガが上達するにつれて服装を選ぶ楽しみや余裕も増えていくと思います。

その際には、ぜひ今回お伝えした内容を参考に服装を選んで貰えればと思います。

 

基本的には身体に負荷の掛からない動きやすい服装であること。これが一番大事です。

新しくヨガの服装を選ぶときに、一つだけ意識していただきたいことがあります。

 

それは「自分のモチベーションやテンションが上がる服装」を選んで欲しいということです。

自分がお気に入りの服装でヨガを行うことで、きついポーズが出来たり、頑張ろうと思うこともあります。また自分の心を整えることが出来るのも服装の良いところですよね。

これからヨガの服装を選ぶ際は服を選ぶ時からヨガが始まっていると思い、選んでみるのも良いのではないでしょうか?

 

ヨガ 服装

2019.12.18 カテゴリー:お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加