INFORMATION

> お知らせ > ヨガイベントに参加する際のおすすめのヨガの服装

ヨガイベントに参加する際のおすすめのヨガの服装

 

最近はヨガのイベントも増えてきて、スタジオに通っていなくても、気軽にどんな方でもヨガを楽しめる機会が増えてきましたね。時間も朝、昼、夜だったり、室内ではなく屋外でやるものだったり。無料のものから、有料のものまで、特に東京では年々多くなってきていると感じます。それにあわせて、外出先でもヨガの服装をしている方や、ヨガマットを持っている方も多くみかけるようになりました。

今回は、イベントに参加したいけど、「どんな服装で行ったらいいの?」そんなお悩みを解消できればと思います。

一人の時間ももちろん、パートナー、友人、ご自身の大切な人とのヨガの時間がさらに素敵なものになりますように。

 

ヨガ 服装

これからの季節におススメのヨガの服装

ホットヨガの場合の服装は、季節関係なく、タンクトップとレギンスで十分ですが、常温のスタジオやイベントに参加することを考えている方は、最低限トップスは、長袖のもの、半そでまたはタンクトップの二枚は持っておくのをおすすめします。夏場はもちろん、タンクトップやレギンスで問題ありませんが、これから気温が下がってくると袖が短いものだと寒いので、長めのものを持っておくと年中快適に過ごすことができます。生地も薄いものや厚手のものなど様々です。そして、足の冷えが気になる方に関しては、いつものヨガの服装にプラスαで「ヨガソックス」がおススメです。普通の靴下だとポーズをとるときに滑りやすかったり、足裏の感覚が感じにくかったりしますが、滑り止めがついているもの、かかととつま先は空いているものだったり、長さも色んなタイプがあります。冬場は冷えの防止にとても良いです。私自身、今年からヨガソックスデビューをしましたが、冷えが気にならずお気に入りのアイテムの一つになりました。

 

イベントに参加する際の服装

会場によっては更衣室のないところ、または、あっても狭いところもあります。荷物が増えるとかさばったりもしますよね。着脱がらくで着替えに時間のかからない、ワンピースやスカートのような服装や、その下にレギンスを履いた状態だったり、楽に素早く着替えられる服装や格好がオススメです。また、イベントだとヨガマット持参のところも多く、ヨガマットとヨガウエア、両方を持つと荷物も多くなりかさばります。そのため、お家から向かうのであればヨガができる服装のまま会場に向かうという選択もありです。夏場だったらお尻周りまで隠れるような長めのTシャツとレギンスのスタイルで、秋や冬だったらヨガの服装の上にロングセーターやコートを羽織ってイベントに行くことも、私自身よくあります。レッスンが終わってもすぐに帰れるので楽です。また、靴に関してですが、基本的にヨガをする際は裸足で行うため、着脱がしやすいスニーカーやサンダルなどがストレスフリーでよいと思います。

 

ヨガ 服装

 

《室内イベント》

カラダを動かしている最中は、レギンスやTシャツなど身軽に動ける服装がベストです。夏場はエアコンがきいていることもあり、最後のお休みのポーズ(シャバーサナ)の際は、羽織るものを持っていくと良いです。プラスで靴下などを着用して冷えないように工夫することも冷えが気になる方はぜひ。寒さを感じたり我慢すると、筋肉が緊張して副交感神経優位になれずリラックスできません。動かした身体を休めるために、ご自身が最後まで快適で過ごせるヨガの服装を選びましょう。

ヨガ 服装

《屋外イベント》

夏場の午前中や午後で日差しが気になる時間帯には、キャップやサングラスなどもヨガの服装リストに追加しておくとよいと思います。日差しが強いと頭が熱くなってきたり、眩しかったりしてヨガレッスンに集中できないと勿体無いです。そして最後のお休みのポーズの際は、タオルを目の上に乗せると明るさが気にならず、気持ちよくすごせますよ。また、UVカットのものや速乾、防臭してくれるタイプの素材を使ったウエアもたくさんありますので、そういったものをヨガをする際の服装として選ぶのも、快適にヨガを楽しむための大事なポイントになります。

ヨガ 服装 ヨガイベントに参加する際のおすすめのヨガの服装

最後に

ヨガを始めてみたい方、久しぶりの方、ヨガを気軽に始めるきっかけとして、イベントを活用してみてください。日常からヨガを行っている方も、空の広さや風を感じたり、鳥の声が聞こえたり、夜空をみたり、外でヨガを行う心地よさを感じながら、イベントならではの空間や雰囲気をぜひ味わってみてくださいね。

自分が心地よく過ごせるように、ヨガをする際の服装もぜひ参考にしてみてください。ヨガの服装としてだけではなく、普段着として活用できるオシャレなものが今はたくさんあります。自分が長時間着ていたいと思えるご自身にあうもの、肌に馴染むものをぜひみつけてみてください。

皆さんが快適に自分のための時間を楽しめるよう、そして、ヨガを通してさらに皆さんの人生が豊かになることを願っています。

ヨガ 服装 ヨガイベントに参加する際のおすすめのヨガの服装

 

 

 

 

 

 

 

 

脇 萌実 ヨガインストラクター

Instagram @moemi_yoga

 

2019.11.27 カテゴリー:お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加