これからヨガに通うあなたに!ヨガに適した服装とは?

 

これからヨガに通うあなたに!ヨガに適した服装とは?

春は、新生活とともに、新しい習い事探しをしている方も多いのではないでしょうか?

 

ヨガクラスに通うことになったら、まず、準備しなければならないのは、服装ですね。

 

ヨガ教室の見学や、クラスの体験の際、スタジオの皆さんがとてもおしゃれに見えたのではないでしょうか?

 

まずは服装からモチベーションをあげて♪

 

と、楽しみにしていることと思います。

 

では、ヨガの服装ってどんな服装が良いのでしょうか?

 

せっかく、本格的にヨガを始めてみようという気持ちなら、ヨガの時間を気持ちよく快適に過ごせる服装がお勧めです。

 

きっと、見学や体験の際には、スタジオのスタッフさんから「動きやすい服装であれば大丈夫ですよ」、「運動に適していれば大丈夫」と言われたかもしれません。

 

「大丈夫な服装・・・それなら、ヨガに適していないのはどんな服装?」と心配になるかたもいらっしゃるかもしれません。

 

ここでは、初めてご自身のヨガの服装を揃える方に向けて、購入時に気をつけてほしいポイントをご紹介いたします。

 

せっかく一式気に入った服装でそろえたのに、使いにくかった・・・という残念なことにならないように、参考にしてみてください。

購入時に気をつけてほしいポイント

1.大事な呼吸は苦しくないように

ヨガで大切なのは、「呼吸」です。

 

特に、ヨガのレッスンでは、始まりや終わりには、蓮華座やあぐらのような姿勢で深く呼吸に集中することがあります。

 

その際、お腹を圧迫したり、パンツの素材が伸びにくく足をスムーズに組めない服装では、せっかくのヨガの効果が不十分です。

 

特に、ホットヨガの場合、ショートパンツタイプのウェアを選ばれる方もいらっしゃるかもしれませんが、蓮華座や胡坐の姿勢を取ると下着が覗いてしまうことがあります。

 

お気に入りのショートパンツを見つけた場合には、合わせてレギンスを購入すると、完璧な服装ですね。

 

2.一連の動きを流れるように

先ほど述べた蓮華座や胡坐の場合には、服装のボトムスについて注意が必要ですが、同じく、トップスにも選ぶ際に大切なポイントがあります。

 

「肩甲骨を広げる感じ!」、「肩甲骨をはがしていきましょう!」など、インストラクターは「肩甲骨」というワードを使って、上半身の動きのポイントを教えてくれます。

 

肩甲骨周囲の筋肉をほぐしていくことは、肩こりの解消などに効果があるので、大切な動きの1つです。

 

ヨガの服装で大切なのは、やはりスムーズに動けることです。

 

タンクトップタイプのものでも、腕を上げると伸縮性が悪く動作の妨げになるような物もあります。

 

また、二の腕をカバーするために、フレンチスリーブやパフスリーブ仕様のものもありますが、両手を上にあげて、苦しくないか、つかえて手が挙げられないといったことがないか、しっかり試着して確認してみましょう。

 

また、タンクトップやキャミソールの下につけている下着のブラで動きが制限されることもあるので、ブラカップがついたキャミソールやタンクトップタイプのものもぜひお試しください。

 

このタイプのトップスは、ヨガの服装のインナーとしてもお勧めです。

 

3.ヨガの動きに集中するために

ヨガの動きやすい服装については、トップス、ボトムス両方について選び方をお伝えしました。

 

ヨガでは、肩立ちのポーズなど、足を天井に向けて上半身で支える姿勢になることがあります。

 

この際、注意が必要な服装は、ローライズのパンツです。

 

ローライズの場合、お尻が丸見えになりやすいのでご注意ください。

 

また、パンツの裾がフレアになっているタイプは、肩立ちのポーズをとっていると、裾が下がって足が丸見えになり、集中力が欠けてしまいます。お勧めの服装はフィット感のあるパンツや、裾がしぼってあるタイプです。

 

また、上半身を上に伸ばすようなポーズの際には、腕の動きに引っ張られて、おへそが丸見え、気になるおなか周りが見えちゃう!となってしまうことがあります。

 

ヨガウェアでは、トップスの裾部分が、真ん中だけ少し長めに作っているものや、お尻まで隠れる丈のものもあるので、参考にしてみてください。

 

もちろん、皆さん夢中でヨガに集中しているので、他の人の服装なんて気になることはないと思うのですが、「誰かに、お腹やお尻が見えちゃう!」と焦ってしまうことは、ヨガで大切な呼吸を乱してしまいそうです。

 

4.気持ちと呼吸を乱さない服装で

ヨガでは、猫のポーズや犬のポーズなど、四つん這いのポーズが多くあります。

 

シフォン素材の場合、体型カバーなどにはとても効果的ですが、四つん這いになると、ふんわりした裾が邪魔になり、つま先が見えにくかったり、汗をかいた肌にまとわりついて煩わしく感じることがあります。

 

比較的、フィットしたシルエットの服装がやはりお勧めです。

 

5.吸水性のある素材で

ヨガの動きに慣れてきて、代謝が上がっていくと汗をかくことが増えてきます。また、ホットヨガでは特に、発汗作用が強まります。そのため、快適にヨガをする服装で大切なのは、ヨガウェアの素材です。

 

吸水性があり、サラッと速乾性のある薄手素材がお勧めです。長めのヨガレッスンであっても、ウェアの重さを感じずに快適に過ごすことができます。

 

初めてのヨガの服装選びについて、ポイントをご説明いたしました。

 

ヨガに適した服装のポイント、イメージがついたでしょうか?

 

大切なのは、動きを想像して選ぶことです。

 

ヨガを続けていくと、こんなウェアが着てみたいな。あんな服装してみたいといったように、ヨガウェアへの関心が高まる時があります。その際にも、ぜひ、今回ご説明したポイントを忘れずに、気に入ったウェアを見つけてみてください。

 

快適で気分を上げる服装が、ヨガの効果をきっと高めてくれます!

2020.4.16 カテゴリー:お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加