【初心者向けに解説】ヨガの服装選びのポイントとは?

 

ヨガを始める際に必須となってくるのが服装選びです。ヨガスタジオのホームページには動きやすいものと記載されていることが多いですが、実際はどんなものを選んだらいいかわからない方も多いかと思います。

 

「ヨガをしている人の服装はシンプルかつおしゃれなイメージがあって、センスがない私には選べない….」
そんな方に今回はヨガの服装選びのポイントをわかりやすく解説していきます。

 

ヨガの服装は手持ちの服でOK!

ヨガの服装は手持ちの動きやすいTシャツやストレッチパンツ、ジャージなどでOKです。

 

ヨガの服装で基本的に重視すべきポイントは「動きやすさ」です。おしゃれも大切ですが、おしゃれをするためにヨガをしているわけではありません。

 

ヨガを始めたばかりの方は、実際に何回かヨガを体験しなければ、どんな服装が自分が始めるヨガに適しているかがわかりません。

 

ヨガを始める前にヨガ専用の服装を揃えてしまうと、その服装が自分のヨガに合わなかった場合は買い直しになってしまいますので始めのうちは、手持ちの服装を活用することをおすすめします。

一方で、ヨガ専用の服装はデザイン性も良く、モチベーションに繋がるため、予算に余裕がある方や、形から入りたい方はヨガ専用の服装を購入するのも良いかもしれません。

 

ヨガの服装の基本的なアイテム

はじめにヨガの服装の基本的なアイテムを紹介していきます。手持ちの服装で基本的にこれさえあればOKというものです。

 

トップスは伸縮性のあるスポーツブラ

トップスはブラトップやスポーツブラ、ブラカップ付きのキャミソール、いずれかが必須アイテムです。

 

ストラップ、ホック、ワイヤーの入っている下着類はおすすめできません。

 

それらの服装はヨガにおいて頻繁に行う、肩まわりの動き(体をねじるポーズなど)の妨げになるためです。

 

ただし、スポーツブラ等でもあまり締め付けの強いものもおすすめできません。

 

うつむせになるポーズや深呼吸の際に妨げになるため、少しゆとりのあるサイズで伸縮性のあるものを選びましょう。

 

ボトムスはファスナー等がない伸縮性のあるレギンス

ボトムスは伸縮性のあるレギンスやヨガパンツを選びましょう。

 

ヨガで頻繁に行う「あぐらのポーズ」は伸縮性がない服装には向いていません。

 

また、ファスナーやチャック、ボタンや装飾のついたものは避けましょう。

 

そういった装飾はうつむせやあおむけになった際に痛みを感じる原因となります。

 

重ね着用のトップスやハンドタオルなどの小物

その他のアイテムとしては、重ね着用のトップスやハンドタオルなどがあると便利です。

ヨガは適切な体温調節が重要なので、スポーツブラの上から羽織れるTシャツなどのトップスがあると便利です。

 

また、ハンドタオルでの体温調節もおすすめです。

 

ヨガで汗をかくイメージはあると思いますが、汗を拭くのと拭かないのでは、体温もかなり違ってきます。

 

ハンドタオルはその他にもポーズの補助で敷いたりすると便利です。

ヨガの服装選びのポイント

続いてヨガの服装選びのポイントを紹介していきます。

 

「手持ちの服装でOKと言われても手持ちの服装の中でどの服装がヨガに向いているのかわからない…。」

 

そんな方もいらっしゃるかと思います。

 

手持ちの服装の中から選ぶ方もこれから購入される方も、ヨガの服装選びの際にこれさえ抑えておけば大丈夫といったポイントを解説していきます。

 

あぐらのポーズを取れる服装

ヨガに向いている服装は、ヨガで頻繁に使うポーズができるかどうかで選びましょう。

 

ヨガで頻繁に使うポーズは「あぐらのポーズ」「逆転系のポーズ」「下向きの犬のポーズ」「肩周りをねじるポーズ」などがあります。

 

手持ちの服や、ヨガ用の服装を候補を決めた方は実際にポーズを行い、窮屈でないか試してみましょう。

 

ただし、窮屈でなかったとしてもポーズをとった際にお腹や胸元が丸見えになる服装にも注意が必要です。

汗を吸着しにくく乾きやすい服装

汗を吸着しにくく乾きやすい服装を選びましょう。

 

ヨガは他のスポーツのように激しい運動をしないため、汗をあまりかかないというイメージがあるかもしれません。

 

しかし、実際はかなり汗をかく人が多いため、速乾性のあるポリエステル素材の服装を選ぶのがベストです。

 

深呼吸をした際に苦しくない服装

ヨガの服装は深呼吸した際に苦しくない服装を選びましょう。

 

ヨガで重視されるのはポーズと呼吸です。

 

あぐらのポーズなどのポーズを取りながら、何度も深呼吸し集中します。

 

その際に、トップスで胸を締め付けていたり、ボトムスでお腹を圧迫していては、苦しくて集中できません。

 

伸縮性があり少しゆとりがあるぐらいの呼吸のしやすい服装を心がけましょう。

まとめ

今回はヨガ初心者の方向けに、ヨガの服装の選び方を解説しました。

 

伸縮性のあるものや、速乾性のあるもの、など様々なポイントがありましたが、基本的にはヨガをしていて妨げにならないものと考えてヨガの服装を選んでみてくださいね。

2020.4.17 カテゴリー:お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加