【初心者必見!】ヨガウェアの選び方

 

リラックスやストレス解消、ダイエットに効果があるとされているヨガは、幅広い世代に人気を集めています。現在は様々な種類のヨガがあり、これからヨガを始めたいという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、初めてレッスンを受ける場合、どのような基準でヨガウェアを選べばよいのか悩んでしまいますよね。

 

ここでは、ヨガウェアにはどのような種類があり、このようなことに気をつけて選べばいいのかをご紹介していきますご紹介していきます。

 

ぜひ、ヨガウェアを選ぶ参考にしてみてくださいね。

 

アイテムごとに見るヨガウェアの種類

 

ここでは、ヨガウェアの種類はどのようなものがあるのか、アイテムごとに見ていきます。

 

ヨガウェアなぜ必要?

 

ヨガは様々なポーズをとるため動きやすさがとても重要です。自分に合った良いヨガウェアを選んでいないと、ポーズによってウェアがめくれたり、胸元があいてしまったりなどの問題が生じてきます。

 

せっかくリフレッシュやリラックス、トレス解消を兼ねて始めたヨガなのに、ストレスを感じてしまっては本末転倒ですよね。

 

ヨガに集中するためにも、自分に合ったヨガウェアを選ぶことが重要なのです。

 

ヨガウェアのトップス

ここからは、トップスの種類をご紹介します。

 

トップスの種類は

 

・Tシャツ型・・・・・・・コーディネートが簡単で初心者におすすめ
・タンクトップ型・・・・・露出が多すぎない且つ動きやすい
・キャミソール型・・・・・ヨガをする女性の中ではもっとも一般的
・スポーツブラ型・・・・・上級者に人気のタイプ。運動量が多いヨガに最適

 

こちらの4つに分けられます。

 

最近のヨガウェアは、デザインがとても豊富で様々なタイプの中から選ぶことができますが、初心者の方にはコーディネートも簡単な「Tシャツ型」がおすすめです。

 

クールなコーディネートが好みの方は、「タンクトップ型」も良いでしょう。

 

ヨガウェアのボトムス

次に、ボトムスのご紹介です。

 

ボトムスは、

 

・レギンス・・・・・・・・・・・初級から上級者、幅広い層におすすめ
・ショートパンツ・・・・・・・・運動量が多いヨガに最適。レギンスの重ね着にも
・アラジン(ロング)パンツ・・・ファッション性が高く、上級者向け

 

ボトムスに関しては、リラックス系やアクティブ系など、ヨガに合わせて選ぶのがよいでしょう。

 

基本的には「レギンス」を選べば間違い無いですが、運動量の多いヨガを行う際やリンパの巡りを良くする陰ヨガを行う際は、バームを塗りながらマッサージを行うプログラムもありますので、この場合は「ショートパンツ」がおすすめです。

 

ヨガウェアを選ぶ際の5つのポイント

ヨガウェアにはさまざまな種類があり、また、ヨガ初めての方にはどのようなヨガウェアが最適なのかということがおわかりいただけたと思います。

 

ここでは、ヨガウェアを選ぶ際の5つのポイントをご紹介します。

 

 

【ポイント1】座りポーズが楽に行えるか

基本的にヨガの最初と最後は蓮華座やあぐらなどの座るポーズを行います。

 

座るポーズをしたときに股関節やひざ周りが窮屈な素材のズボンは避けましょう。

 

また、ショートパンツをはく際に気をつけて欲しいのは裾の幅。すそ幅が広いものは、ポーズをとったときに下着が見えてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

【ポイント2】肩甲骨や肩周りの動きがスムーズに行えるか

先ほど初心者にはTシャツがおすすめとお伝えしましたが、両手を上に伸ばしたときに肩周りのつっぱりを感じる素材のものは避けるのが無難です。実際に自分で腕を上げてみて肩周りやお腹が丸見えにならないかをチェックしましょう。

 

【ポイント3】逆転系のポーズでお腹や背中が丸見えにならないか

適切にフィットしていないヨガウェアを選んでしまうと、鋤のポーズなどの「逆転系」のポーズをとった時にお腹や背中、足が丸見えになってしまうことがあります。

 

ゆったりと着られるウェアを選ぶ場合は、なるべく裾やウェスト部分はフィットする作りになっているものを選びましょう。

 

【ポイント4】犬のポーズが快適に行えるか

ヨガのポーズの代表格でもある下向きの「犬のポーズ」を行う際に、ゆったりしすぎたトップスを着ていると、顔を下に向けたときに服が顔にかかってしまい呼吸がしにくくなってしまいます。

 

このポーズはキープ時間も長く、登場回数も多いポーズですので、実際に犬のポーズを試しておくことをおすすめします。

 

【ポイント5】ホットヨガを快適に行えるか

ホットヨガは全身に大量の汗をかくので吸汗、速乾性に優れた素材を選ぶと汗をかいたときのストレスも軽減されます。厚手のものだと、汗を吸って重たくなってしまうので注意しましょう。

 

また、ヨガウェアをレンタルしているスタジオもあるので、スタジオに確認してみるのもいいでしょう。

 

まとめ

ヨガウェアは種類が豊富で、普段着として使えるアイテムもたくさんあります。

 

その中で、初心者の方がヨガウェアを選ぶ際に意識して欲しいポイントは、「機能性」「デザイン性」「汎用性」。そして、そのウェアを着て「自分自身が気持ちよくヨガが行えるかどうか」です。

 

ヨガウェアのコーディネートを楽しむこともヨガを続けるモチベーションにも繋がりますので、この記事を参考にしつつ、自分にあったヨガウェアを探してみてくださいね。

2020.4.28 カテゴリー:お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加