Column

> Articles by: 孝数珠

孝数珠

Takashi Juzu

両親もヨガの指導者という稀な家庭に生れ、15年ほどの建設業界のサラリーマン生活にピリオド。現在は「働く力を応援したい」とヨガ活動をしています。樹木医や森林インストラクターでもあり、アウトドアで過ごすのが好き。リバーサイドヨガというレギュラーのアウトドアヨガクラスをやっています。

久しぶりに高野山へ

2015.6.11 SNピープル:Takashi Juzu

  [sn]ピープルの珠数孝です。 久しぶりに高野山へ行きました。 平日の雨ということもあり人はまばら。 ヨガと禅はとても関係が深く、奥ノ院でのひと時は 分け隔ての無い存在そのものになれる感覚があります。 大阪に住んでいるので2時間程で行くことのできるところ。 肌か...続きを読む

大阪駅前オープンスペースでの朝ヨガ

2015.5.26 SNピープル:Takashi Juzu

[SN]ピープル珠数です。 出勤前の大阪駅前。 オープンスペースでの朝ヨガを初めてみました。 夏のような太陽の下でも、 少しの風と気持ちのよいウェアが心地よさを応援してくれます。

小さく美しい橋巡り

2015.5.23 SNピープル:Takashi Juzu

[SN]ピープル珠数です。 大阪の中心には穏やかな川や堀が幾つか流れています。 散歩の心地よい季節。 小さく美しい橋巡り。 先人のデザインへ想いを馳せながら、水と空の自然を楽しんでいます。

野イチゴ。 甘い、すっぱい。 思い出の味。

2015.5.21 SNピープル:Takashi Juzu

[SN]ピープル珠数です。 小さなころ ズボンのシャツもどろどろになって、 遊びながら、道端や森にある、いろんなものを口にいれた。 食べるものを見つけることが遊びのひとつだった。 スカンポ、ツツジ、アケビ、ビワ。。。。 5月は野イチゴ。 甘い、すっぱい。 思い出の味。 久しぶ...続きを読む

海からの風を街の中に届け 山からの豊かな水を海へ贈る 川

2015.5.7 SNピープル:Takashi Juzu

[SN]ピープル珠数です 川は海からの風を街の中に届け 山からの豊かな水を海へ贈る その営みに 優しさを感じます 暦は立夏 暑い寒いは自然の営みに任せ いま自分の穏やかさを楽しみます

芝生は生命

2015.5.2 SNピープル:Takashi Juzu

こんにちは [SN]ピープル珠数です。 冬の養生を開けて、芝生広場が解放されました。 犬も人も笑顔でこの絨毯のような優しさを楽しみ始めています。 しかし、毎年芝生は少しづつ弱っているようにみえる。 今一度 芝生は生命。その命の上に楽しませてもらってる。 この当たり前に、今一度...続きを読む

笑顔溢れるまちなかビーチ

2015.4.21 SNピープル:Takashi Juzu

[SN]ピープル 珠数です 大阪のど真ん中にビーチがあるのはご存じでしょうか? 大川と言う川の護岸です。 人工ですがとても空が広く、砂も気持ちいい。 風が通り、水もがさざなみます。 毎月第3土曜日にはここでSUPとノルディックウォーキング、そしてビーチヨガを開催しています。 ...続きを読む

阪急百貨店のヨガフェスタ

2015.4.13 SNピープル:Takashi Juzu

[SN]ピープル珠数です 週末は阪急百貨店のヨガフェスタ グランフロント大阪のヨガソシオ 2つのヨガイベントでアウトドアヨガ 空が味方してくれているようで うれしい時を共有させていただきました SNのピンクのパーカー みんなに大好評でした    

麓の森に住んでいます

2015.4.10 SNピープル:Takashi Juzu

[SN]ピープル珠数です 大阪の東にある交野(かたの)という街の、私市(きさいち)という生駒山系の麓の森に住んでいます。 山はコナラがナラ枯れが広がり心配です。 でも森は生きていて、全体には小さな芽吹きで柔らかい光を放っています。 その中でもこの時期はツツジの紫が際立ち美しく迎...続きを読む

雨を感じ、雨にぬれ、雨に恋するヨガ

2015.3.30 SNピープル:Takashi Juzu

[SN)]ピープル 珠数です アウトドアの活動をすると、どうしても「雨」は都合の悪い事象と映る。それを変えたくて。。。 雨でもアウトドアでヨガをやるイベントを開催しました。 春の雨降る森に咲く、桜の花の下。 60人の地球好きが集まって、雨を感じ、雨にぬれ、雨に恋するヨガをしま...続きを読む

冷たい朝

2015.3.11 SNピープル:Takashi Juzu

SN]ピープル 珠数です冷たい朝を迎えました。あらゆる変化と安定を繰り返す自然現象の中で、適応しながら生きていく生命。その一つの現象として与えられた自分自身という現象を味わい、大切に育もうと想います。