ヨガの服装はどう選ぶ?ヨガパンツの種類

 

ヨガを始めたい!と考えたとき、一番に悩むのが服装ではないでしょうか?

ヨガスタジオへ通う際も、基本的に動きやすい服装であればウェアの種類は指定されていないことがほとんどですので、余計に悩んでしまいますよね。

では、具体的にどのような服装が好ましいのでしょうか?今回はヨガの服装について解説していきます。

ヨガ 服装

1.ヨガを行う時の服装

 

ヨガにとって動きやすい服装とは、関節の可動域を制限しない服装だと言えるでしょう。

たとえば、ジーンズで屈伸運動をしようとすると膝部分やお尻部分が締め付けられ窮屈に感じてしまいますよね。

せっかくヨガを行うのに、可動域が制限されてしまう服装だとヨガのポーズを行う妨げになってしまいます。スポーツブランドの服の場合でも素材やサイズによってはヨガの動きがしにくいこともあるため注意する必要があります。

 

そのため、ヨガでは動きやすさを追求した、ヨガパンツが選ばれることが多いです。

ヨガパンツは名前の通り、ヨガを行うために作られているウェアです。

一般的なスポーツウェアは伸縮性についてしっかり考えられているものの、足を高く掲げたり持ち上げたりすることは考えられていません。そのためヨガの動きの中で服装が乱れ、お腹や足が丸見えになってしまうことがあるのです。

ヨガパンツはヨガの動きに合わせて作られていますので、しっかりとヨガに集中することができます。

 

ヨガ 服装

 

2.ヨガパンツの種類

ヨガパンツには様々な種類がありますが、大きく3つに分類することができます。

 

① ロングタイプ

ヨガパンツと聞くとぴったりした体のラインが出るレギンスパンツタイプを想像することが多いでしょう。

ヨガはランニングなどの運動とは違い、様々なポーズの中で手足を高く上げたりすることも多いため、袖口の広がっているウェアでは動きの中で下着やお腹が丸見えになってしまいやすいので、フィット感が重視されているのが理由です。

 

ロングタイプのヨガパンツは、サルエル型やクロップドパンツ型といった足首をしっかりと固定しながらボディラインを拾わない形のものが主流です。

気になるお尻のラインを隠しながら、動きやすく汗染みも目立たないのが特徴です。

 

 

② レギンスパンツ

近年ヨガパンツとして最も人気のあるタイプのヨガパンツです。体にフィットし、体の動きを一切邪魔しないため、ハードなポーズも楽に行うことができるという特徴があります。筋肉の動きをサポートしてくれる機能がついているものもありますし、見た目とは違い通気性も高いです。他のヨガパンツに比べ無駄がない分、どんな動きにも合わせられるためプロのインストラクターの方も愛用していることが多いです。

 

無駄のないデザインのためボディラインをしっかり拾うという特徴もありますが、ボディラインがしっかり出ることがモチベーションに繋がるとも言われています。

 

③ ショートパンツ

ショートパンツはレギンスパンツの上から利用されることも多いタイプのヨガウェアです。生地の薄いレギンスの上に履くなど、レギンスタイプと組み合わせて利用されることが多いです。これによってお尻のラインをしっかりと隠すことができる仕組みです。体系をカバーしながら動きさすさもあります。

 

レギンスと重ねて利用することから汗が気になる場合もありますので、通気性に優れたものを選ぶ必要があるでしょう。レギンスと一体化したデザインのものでは特に通気性が意識されたものが多く販売されています。

 

ヨガ 服装

3.ヨガパンツを選ぶ時のポイント

ヨガパンツを選ぶ時のポイントは3つあります。

 

① サイズ感

どのヨガパンツを選ぶとしても、サイズ感は何より重要です。特に注意すべきなのは、ヨガで大切な足首のフィット感。

足首がキツすぎたり緩すぎたりするとパフォーマンスに影響が出てしまいます。

試着する場合には、座ってから立ち上がるなど足首にズレが生じないかを確認しましょう。

 

② 素材

ヨガパンツは見た目の種類も多いですが、素材の種類も多いです。

ポリエステルやポリウレタン、スパンデックスの生地は、伸縮性があるのでヨガパンツに利用されることが多い素材。

ロングタイプやゆったりとリラックス系ヨガを楽しみたい方には肌触りの良いレーヨンが人気です。

動きの激しいハード系やホットヨガでが速乾性が重視されることが多く、中でもポリエステルの割合が55%前後が好まれています。

 

③ 透け感

最後はアンダーウェアが透けないかどうかがポイント。

ヨガでは全身を使って普段は行わないポーズになるため、アンダーウェアが透けやすくなってしまいます。

レギンスタイプで問題になることが多いのですが、ロングタイプやショートタイプでも購入後にアンダーウェアの透けに気が付く方も多くいます。

そのため生地の厚さはしっかりとチェックしておきたいポイントです。ラインが浮かび上がらないようヒップラインの生地を変えているのもありますのでオススメです。

 

まとめ

ヨガの服装はヨガをはじめたい方にとっては一番のお悩みポイント。特に制限がないため、余計どのようなものを着たら良いか悩んでしまいます。

ヨガウェアを選ぶときに最も大切なのは、着ていて楽であるということです。

ウェアが好みだとそれだけでやる気が出てくるものですから、自分の好みに合ったものを着てヨガを楽しみましょう!

 

ヨガ 服装

2019.12.18 カテゴリー:お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加