INFORMATION

ヨガの服装のNG、正解例!動きやすい快適なファッションとは?

 

ヨガ 服装
ヨガ教室に通うことになって、まず気になるのが服装でしょう。

自宅なら自分が楽な格好でヨガができますが、教室では人目があるので一人だけ浮いた服装になるのは嫌ですよね。
今回は、押さえておきたいヨガをするときの服装のポイントやヨガに適さないNGな服装についてご紹介します。

 

ヨガをするときにNGな服装とは?

「ヨガ教室で本格的にヨガに挑戦して身も心もスッキリさせよう!」
意気込んでヨガをしても、服装選びに失敗すると動きづらくてヨガの効果が半減したり浮いた服装になると、他の生徒の目が気になって集中できないということがあります。

ヨガをするときに避けるべき服装とは、次のような服装です。
・締め付け感のある下着
・タイトなトップス
・関節を動かしにくい、脚を開きにくいボトムス
・汗じみが目立ちやすい色のトップス
正しい服装を選べるように、まずはヨガをするときのNGな服装とその理由を押さえましょう。

 

締め付け感のある下着
締め付け感のある下着とは、補正下着やワイヤー入りのブラジャーのことです。
ガードルやパワーネットなどの補正下着やワイヤー入りのブラジャーをつけたままヨガをすると、上半身が締め付けられているため深い呼吸がしにくくなります。
ヨガは深い呼吸を繰り返しながらポーズを取ることが大切なので、呼吸が浅くなるとヨガの持つリラックス効果やダイエット効果が半減するのです。

 

タイトなトップス
上半身にぴったりとフィットする袖付きトップスも避けましょう。
ヨガのポーズは腕を上下左右に大きく動かすポーズが多く、タイトな半袖や長袖トップスを着た状態では腕が動かしづらくなり、正しいポーズが取れません。

 

関節を動かしにくい、脚を開きにくいボトムス
股関節が動かしにくいスキニーパンツやデニムパンツ、下半身の動きが制限されるスカートはヨガに不向きなボトムスです。
脚を大きく開くポーズや座って行うポーズが取りづらくなります。
スキニーパンツやデニムパンツは座ったりしゃがんだときにお腹が締め付けられることもあり、ポーズを取るのが辛くなることもあります。
特にスキニーパンツは下半身が締め付けられて血流が悪くなりやすいので、ヨガによる代謝が促される効果が半減されるのです。

 

汗じみが目立ちやすい色のトップス
ヨガの服装の中でも特にトップスは、色選びも気をつけなければいけません。
グレーや白以外の明るい色のトップスはヨガ中にかく汗でできる汗染みが目立ちやすく、汗染みを人に見られて恥ずかしい思いをすることになってしまいます。
特に汗をかきやすいパワーヨガやホットヨガなどでは要注意です。

 

ヨガをするときに快適な服装のポイント
ヨガ専用のウェアがあると便利ですが「ヨガウェアはそのうち購入して、まずは家にあるものでなんとかしたい」という方もいるでしょう。
ヨガを快適にできる服装のポイントを押さえれば、自宅にある衣類でもヨガ教室に行ける服装をコーディネートできますよ!

 

ヨガ 服装

 

ヨガを快適に行う服装のポイントは4つあります。
(1)トップスは長め丈、ボトムスは裾やウエストがフィットするもの
(2)伸縮性のある素材のボトムス
(3)トップスの色は汗染みが目立たない色
(4)下着はスポーツブラがおすすめ

 

トップスは長め丈、ボトムスは裾やウエストがフィットするもの
ヨガのポーズによっては肌が露出しやすい服装があるので、要注意です。
ヨガポーズは両腕を上げるポーズが多いのですが、トップスの丈が短いと両腕を上げたときに裾が上がってお腹まわりが露出してしまいます。
また裾が広がっているフレアやワイドデザインのパンツ、ウエストがゆるめのパンツを履いたまま上下逆転するポーズを取ると、足やお腹周りが露出してしまうのです。
おすすめはお尻が隠れるくらい長めの丈かつ、ゆるすぎず肩や腕を大きく動かせるフィット感のトップスです。
家にあるトップスの中から代用する場合は、トップスを着て両腕を上げてチェックしてみてください。

ボトムスはお腹周りがすっぽり隠れるハイウエストやウエストゴムタイプで裾が広すぎないもの、ジャージー素材のショートパンツに伸縮性のあるレギンスがおすすめです。
ロングパンツなら、裾が絞れるデザインのものだと逆転ポーズが取りやすいですよ。

 

伸縮性のある素材
ヨガ教室のレッスンでは、最初と最後にあぐらのような姿勢で座るポーズを行います。
ボトムスに伸縮性がないと、座るポーズのときに股関節やひざ周りがきつくなりポーズを取るのが辛くなるのです。
自宅でボトムスを履いて、実際にあぐらをかいてスムーズにポーズが続けられるか伸縮性をチェックしましょう。

 

トップスの色は汗染みが目立たない色
パワーヨガやホットヨガなど、汗をかきやすいヨガを行うときは汗染みが目立ちにくい色、黒や白がおすすめです。
また吸水速乾性のトップスなら汗染みができにくく、汗でトップスが肌に張り付くこともないので、最後まで快適にヨガレッスンを受けられますよ。

 

下着はスポーツブラがおすすめ
締め付け感のあるワイヤー入りブラではなく、ゆったりしたつけ心地のスポーツブラやパッド入りのブラトップをつけるとよりヨガのポーズに集中できます。
ヨガは走ったりジャンプしたりとバストに負担のかかる動きが少ないので、自宅ヨガならノーブラでも問題ありません。
しかし、ヨガ教室に行く場合は人目が気になりますよね。
スポーツブラやブラトップなら、締め付け感がなく肩紐がずれることもないので快適です。

 

まとめ
今回はヨガ教室に通うときにおすすめの服装をご紹介しました。教室からの行き帰りの服装も着替えやすい服装や、ヨガをするときの服装の上にパーカーなどを羽織るのがおすすめです。
着替える場合は、脱ぎやすく素早く着替えられるロングワンピースなどが良いでしょう。
汗をかいたらトップスだけ着替えてパーカーなどを羽織れば、そのまま帰宅できます。
ヨガ教室に通う前に自宅で用意した服装を着て実際にヨガをやってみると、着心地をチェックできるので失敗が少なくなりますよ!

ヨガ 服装

 

2019.12.18 カテゴリー:お知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加